Spring Coat.


昨日の日中はアウターもいらないほど暖かかったですが、

今日は一変して寒さが舞い戻ってきましたね。

風も強い日が多く夜は寒かったりと、寒暖差が激しい日々が続いてます。

お客様も服装に困ってる方が多いご様子。

こういった気候に利便性が高いのがトレンチコートです。

先週も第二弾の春物がフランスから届き、個性豊かなトレンチコート達が店内を彩っております。




-80s ALAIA-


80年代を一世風靡した、デザイナーが憧れるデザイナー"ALAIA".

完璧主義者で有名なこともあり、緻密に計算された第二の肌とも言われるその美しい造形美は

今でも多くの女性を虜にしています。


ニット素材が得意なアライアですが、今回は珍しくトレンチコートを買い付けることができました。

生地の光沢感も相まって、ドレッシーで女性らしいデザインが魅力。

トレンチコートでバイカラーというのもあまり見ませんよね。

ウエストでキュッとマークすると、ワンピースのように描かれるシルエットも魅力です。





-80s Claude Montana-


お次もアライアと同様、80年代に最も活躍したフランスファッションブランド"Montana".

モンタナもボディコンシャスなデザインが特徴的で、

特に肩を強調し、逆三角形のラインをよく目にします。

こちらのトレンチも、まさにモンタナらしいスタイルが詰まった一着。

生地は王道のベージュにはせず、カーキがベースの美しい玉虫色。

マントのようなショルダーで、より存在感を放っていますね。






-70s Yves Saint Laurent rive gauche-


当店でもお馴染みのイヴ・サンローラン。

プレタを立ち上げて間もない頃の希少な70年代物となっています。

ダブルをよく目にするトレンチですが、こちらはシングルで登場。

肩と袖のギャザーが非常にエレガントで、

袖部分にはボタンではなく、ステッチが4本施されています。

裏地はチェックで、両サイドのスリットからチラッと覗くのがまた憎いです。





-80s GIANFRANCO FERRE-


イタリアでは"3G"と呼ばれた一人で、GIANNI VERSACE、Giorgio Armaniとともに

当時のファッション界を引っ張っていました。

トレンチコートでは珍しいブラック。

シャリ感のある素材で光沢感があり、

たっぷりとオーバーな肩のラインが今のファッションスタイルにも馴染みますね。

ローブのようなフォルムが、モードな雰囲気を漂わせています。




-90s Jean Paul Gaultier-


最後は今回の中でも鮮やかなカラーに目が釘付けになってしまう

当店でもファンの多いゴルチェ。

いつもディティールに遊び心が盛り込まれていて、毎度見ても私たちを飽きさせません。

こちらはオールシルクに、バックサテンという贅沢さ。

落ち感が素晴らしく、とろみのある肌あたりがたまりません。

ネックはホックで留める仕様になっており、ボタンはあえて途中で開けて

ポイントで見せるのもおすすめです。







いかがでしたでしょうか。

トレンチコートと一言で言っても、同じものはひとつもなくそれぞれの良さがあり、

シルエット、素材、細やかなディティールなど大きく変わってきます。



これでもまだほんの一部ですので、春物をお探しの方は

ぜひお立ち寄りくださいませ。




THE BRISK.