あすのオプティカル-5/29 start-



唐突ですが、本日は眼鏡について

と言いますか、ある眼鏡好きさんについて書かせていただきます。

約100年前の熟練した職人たちが作り出す宝石のような美しい眼鏡に出会い、

好きが高じていつの間にかコレクターに。

そこからプライベートコレクションとして持ち歩いて行商を不定期に行う

 “あすのオプティカル” を始めました。





その出で立ちは眼鏡にドレッドヘア、髭はウィンザースタイル(最近切りました)、

酔えば絶叫バンドの経歴を照れながら話す ボブ と呼ばれる人物でした。

今のところ怪しい要素しかありませんね。

彼が主とするコレクションは、今からおよそ100年前

欧米の貴金属店や時計店で販売されていた ”宝飾的意匠” が凝らされた眼鏡。

それらは12Kゴールドで覆われた金属の枠に細やかな彫金がされた職人手造りによるもので、

その格調高い美意識は往時の着道楽やこだわりを持つ人々に親しまれたそう。

それまでの道具としての眼鏡に”ファッション”という文化が交わった瞬間でした。




ボブさんが自らレストア、編集して厳選するアンティーク眼鏡コレクション。

一つ一つ丁寧な手作業で命を吹きかけ、生まれ変わったその姿は例えようもない美しさです。

"美しさ"において共鳴できるということは、人生においてそう簡単にあることではなく

私たちは強いご縁を感じました。

ファンになってしまったと言った方が、しっくりくるかもしれません。




この出会いをきっかけに昨年末にTHE BRISK VINTAGE GALLERYにて個展を開催致しました。

ご来店くださった皆様には、これからも拝見したいとのお声をいただき

この度5/29(土)より、貴重なコレクションを一部常設し、

ご予約制にてプライベートトランクショーをする運びとなりました。


THE BRISKチームも一緒に

アンティーク眼鏡の魅力をお伝えしていけたらと思っております。



なお29日(土)、30日(日)はボブさんも

THE BRISK VINTAGE GALLERY(The Vintage Dress 1F)へ在廊しますので、

アンティーク眼鏡にご興味ある方は是非お気軽にご来店くださいませ。

(数に限りがありますが、ご購入頂いたお客様にはノベルティも用意してくれているそうですよ^^)




※プライベートトランクショーのご予約詳細につきましては、またSNS等でご案内致します。




THE BRISK VINTAGE GALLERY.