-Azzedine Alaïa-

ALAIA EXHIBITHION.jpg

当店でも熱烈なファンが多いアライアにスポットを当てたいと思います。

女性の体を一番美しく見せることへの途轍もないこだわりと追求心が

"第二の肌"とまで呼ばれる見事な曲線美を創りだし、80年代のファッション界を一世風靡しました。

アライアは"全ての女性の体は美しい"という言葉を残しています。

それぞれ違った個性があるからこそ美しく、その形をいかに生かして美を演出できるかが自分の仕事だと。

 

ボディコンシャスと言っても、彼のデザインは決して無理やり締め付けるものではなく

本来のありのままの曲線を表現しています。

このことからスポーツウェアでも使用されている素材を活用し、

シルエットは美しいながらも着心地の良さも兼ね備えています。

 

当時は煌びやかな装飾を盛り込んだデザインが多い中、

彼はその固定概念にとらわれず、無駄なものは一切省き造形美に情熱を注ぎ続けました。

まさに当時とは真逆といってもいいほど、引き算の方への目を向けていました。

 

そして完璧主義者としても知られる彼は

大量消費の時代では自分が拘り抜いた服は作れないことを悟り

半年に1年のペースで行われるコレクションからは手を引くことになります。

自身の作りたい服が完成したらショーをやる。

この一見当たり前のことが今となっては遠い存在になってしまっているのかもしれません。

魂が揺さぶられるほど美しい"第二の肌"をこの機会にぜひ体現してみてください。

-PHOTO-

1/1