-あすのオプティカル-

あすのオプティカル.jpg

アンティーク眼鏡コレクションを密かに展開するレーベル

“あすのオプティカル”が

THE BRISK VINTAGE GALLERYで展示会を開催します。

---

主となるものは1920年代頃から欧米で作られていた

薄く伸ばした金を巻いて、繊細な彫金を施したまるでジュエリーの様な眼鏡。

 

それらが作られた背景には

第一次世界大戦以後で需要が落ちた宝飾界から、

彫金師が仕事を求め眼鏡作りへ技を伝播させた、

といわれています。

それは”道具”としての眼鏡に“装う”という美意識が合わさった瞬間でした。

---

贅沢な金張りの素材でできた繊細で華やか彫刻は

ただ見やすくするモノではなく、

ファッションの"美"として取り入れてほしい逸品です。

 

時代を経過した美しい眼鏡に熱き想いを注ぎ、

その魅力を伝え続けている"あすのオプティカル"代表との会話を交えながら

是非この機会にアンティーク眼鏡の素晴らしい世界を知ってもらえたら幸いでございます。

-PHOTO-

1/2